第175回 活動報告

日 時:4月4日(木)
場 所:中央公民館
出席者:11名
内容:フリーソフト“きままに家計簿”の操作体験

(1)本ソフトの進化の経緯と特徴など
 本件フリーソフトの"きままに家計簿"(以下「本アプリ」と略)は、PC-DOS時代の1993年度フリーソフトウェア大賞のアプリケーション部門賞作品となったもので、その後のOSは現在のWindowsに進化したのて、Windowsでも使えるように問題点のみを改良し、原型は略当時のままに仕上がっている。このため、マウスを使うことなくキーボードのみで操作可能な今どき珍しいソフトである。勿論マウスも操作可能である。

本アプリの大きな特徴の一つである、USBメモリー上で利用できるので、パソコン本体に本アプリをインストールする必要はない。勿論、パソコンにインストールすることは可能です。
この種家計簿ソフトは、ネット上有料・無料が数多くありますが、その中にあって、簡便な操作性と、シンプルな出来栄えは他に類を見ない優れものソフトでしょう。
   ≪Simple is Best≫に値するソフトと思います。

(2)本日の学習など
本日の学習では、全員にご自分のUSBメモリーに本アブリをコピーし、パソコンにインストールすることなくUSBメモリーから操作できることを体験してもらった。
 入力したデータも、USBメモリーに月別に区分されて保存されている。
実用的価値は少ないかと思われるが、本アプリ入りのUSBメモリーがあれば、他人のパソコンにそのUSBメモリーを差し込めば家計簿を利用可能である。
 時間の関係で割愛したが、各費目ごとの予算管理や月別・年度別の収支状況の印刷も可能ですので、ご確認いただければ幸いです。

(3)本アプリの留意点など
WIN8でも利用可能ですが、WIN7及び8の場合は、本アブリの実行ファイルKAKEIBO.EXE をクリックし反転させた後、表示されている、管理者として実行 をクリックしてスタートさせること。
 でないと、本アブリはスタートしませんのでご留意ください。
                                                  以上

                                           (報告 家田光治)
[PR]
by gakunisi-2 | 2013-04-07 17:20
第174回 活動報告 >>